包茎治療は必要なのか

Posted by admin— Posted in

包茎治療が必要かどうかの前に、包茎のままで引き起こされる症状について考えてみましょう。
まず第一の症状としては、包茎の場合には包皮の内側に「恥垢(ちこう)」と呼ばれる垢がたまりやすくなるということがあります。
「恥垢」は亀頭の皮脂腺から出る分泌物や、尿や精液の残りなどが混じり、それが乾燥して固まってできたものです。
包皮がペニスを常に覆っている包茎では、よほど気をつけて洗わない限り、毎日お風呂に入っていても残ったままになります。
これが悪臭や炎症を起こす原因となります。
悪臭を放つと自分が不快になるだけでなく、パートナーの女性にも不快な思いをさせてしまいます。
次に包茎の場合には、ペニス特に亀頭が成長しにくいということがあります。
亀頭は包皮が剥けた状態で成長するものですから、包皮でおおわれた状態では成長が妨げられ、先細りの亀頭になる可能性が高くなります。
また、短小のペニスにもなりやすくなります。
特に真性包茎の場合には、この傾向が顕著となります。
三番目には、早漏との関係があります。
もともとペニスの亀頭は刺激に過敏になるようにできています。
平常時に剥けた状態になっているペニスは、下着で擦られたり、お湯が直接当たったりして、ある程度刺激に慣れるようになってきます。
ところが仮性包茎のペニスは、普段から包皮で護られた状態になっているので、セックスの場合に刺激を感じやすく早漏の原因となります。
真性包茎の場合にはセックス時に包皮が剥けず、いわばコンドームを2〜3枚も重ねて付けているような状態なので、逆に刺激を受けにくくなり、遅漏の原因となります。
これまでは包茎が引き起こす具体的な症例について書きましたが、これ以外にも、精神的な要素もあると思います。
それは、包茎による悪影響は女性も知識が豊富になっていて、包茎の男性とのセックスを嫌う傾向にあります。
このことで包茎の男性が自信喪失になり、そのためED(勃起不全)になり、精神的なダメージが大きくなることが考えられます。
こういう精神的な症状の方が、ある意味では深刻かもしれません。
以上のことからも推察されるように、真性包茎やカントン包茎の場合には手術が必要でしょう。
また、仮性包茎の場合も手術を受けておいた方がいいと考えられます。