包茎治療の口コミと手術法

Posted by admin— Posted in

包茎治療は手術最も確実で手早い方法です。
包茎の手術の方法としては、環状切開、背面切開、亀頭直下埋没法、ナチュラルピーリング法、根元部固定法などがあります。
環状切開、背面切開、亀頭直下埋没法は切開手術で、ナチュラルピーリング法、根元部固定法は切らないで手術する方法です。
環状切開は最もポピュラーな方法で、余分な包皮を環状(輪切り)に切除して縫合するというものです。
手術時間は20分ほどです。
この手術は簡単ですが、デメリットとしては、亀頭付近のピンクに近い皮膚と根元付近の黒ずんだ皮膚とを縫合するのでツートンカラーのような状態に見えることです。
しかし、これも時間の経過と共に少しずつ分からないようになってきます。
背面切開は包皮口から縦に包皮を切開して、亀頭が露出しやすい状態にしてから縫合するものです。
手術時間は環状切開と同じように短かく、真性包茎やカントン包茎によく用いられています。
包皮を切除しないため子供の包茎手術にもよく用いられています。
デメリットとしては、包皮を切除するわけではないので、包皮がたるんで見えたり、包皮の左右がアンバランスに見えたりすることがあります。
亀頭直下埋没法では、環状切開に加えて、亀頭後縁部で縫合するために縫い目が目立ちにくくなります。
美容クリニックや形成外科などでよく用いられています。
デメリットとしては、医師の繊細な技術が必要とされるため、技術不足の場合には、包皮が元に戻ったり、亀頭が包皮に締め付けられて充血するなどのトラブルも起こり得ます。
ナチュラルピーリング法は包皮を剥いて露茎にした後、包皮の何か所かを縫合して戻らなくする方法です。
この方法では手術跡が目立ちにくく、再手術も可能な点がメリットです。
デメリットとしては仮性包茎にしか適さないことや包皮が長い人は元に戻ってしまうということがあります。
根元部固定法は包皮を剥いて露茎にした後、ペニスの根元部で接着剤を使って包皮が戻らないようにする方法です。
この方法は最も患者への負担が少なく、手術跡も目立たないというメリットがあります。
デメリットとしては時間の経過とともに接着剤の効果が薄れ、元に戻ってしまうということがあります。
包茎手術の方法を紹介しましたが、いずれの方法の場合にもメリット・デメリットがあり、デメリットを軽減するには医師の技術が必要となってきます。
したがって、手術を考えている場合には、包茎治療の口コミを丁寧に紹介しているサイトなどを参考にして、手術のことなどを医師と十分に話し合い、納得の上で実行されるのがいいでしょう。